向こうからやってくる

展示場

世の中の企業は、得意先回りだけでは売り上げを維持することができず、さまざまな手段で新たな顧客を開拓に力を注いでいますが、必ずしも効率の良い方法があるとは限りません。電話でアポイントを取って、交通費と時間をかけて営業担当が新規開拓を行ったとしても、必ずしもニーズがあるとは限らないばかりか、約束をキャンセルされる可能性さえあります。こういった活動を続けていても、なかなか効率が上がらないのが現実であり、もっと効率の良い方法を考える必要があるのです。そんなときに積極的に利用したいのが新製品や新サービスを提供していることを示す展示会を開催するという方法があります。もちろん、自社のみでの開催という方法もありますが、それだと、多くの顧客が来てくれるとは限らないことから、あえて、同業種の業者が集う展示会に出展することがポイントになります。この方法であれば、主催者が大々的に宣伝をしてくれるというメリットがあるばかりではなく、同業のライバル社の製品を見に来た顧客に同業種のライバル社があることを知らせることもできるのです。こういった展示会に参加するユーザーは、何か良い製品はないかという目的を持ってくるという点が、最大のメリットといえるのです。

顧客を引き付けることがポイント

展示場

大きな展示会に出展する場合、事前に出店者を募集しているので、ここに応募することで話を前に進めていくことができます。一般的には、インテ―ネット上で毎年開かれている展示会名を入力して検索すると、募集要項を知ることができるようになっています。こういったサイトには、これまでの実績として、どういった企業が参加し、どれくらいの観客が集まってきているか、が示されていることが多く、どれくらいの顧客との接触を期待できるかがわかるようになっています。出店した場合の間取りとその価格も明示されているため、予算編成も行いやすくなっており、社内での調整も行いやすい環境が整っています。こうした展示会に出展する場合、興味を持ってやってきた顧客を少しでも引き留めるため、立ち寄りやすいイベントを催しておくことで、より多くの顧客と接触することが可能になります。どのようなイベントを行えば、顧客がより易いかについては、展示会を開催している業者に相談することで、ヒントをもらうこともでき、あとは、自分たちの腕次第という状況を作ることができるのです。百聞は一見にしかず、と言われているように、まずは自社製品を見てもらえる環境を手に入れることが重要なのです。

広告募集中